補助金期限が迫っています。 | 太陽光発電

By | 2013/12/22

住宅用太陽光発電パネルの設置の際、2013年12月現在、国・県・市町村3箇所から補助金を受け取る事が出来ます。住宅用とはご自分が住んでいる住居に10kW以下の太陽光発電パネルを設置する場合の事を指します。

しかし、2014年には太陽光発電の補助金が無くなるそうです。

国・県・市町村3箇所の補助金がなくなり次第終了との事で、2014年初旬には無くなるという見通しです。既に締め切っているところもあるそうなので、自分の地域で太陽光発電パネルの設置補助金について調べてみてください。

ですので、太陽光発電パネルの設置をお考えの方はもちろん、太陽光発電パネルをつけたらどれくらい費用がかかるかの見積だけでもとれますので、無料のサイトをお探しになって査定してみてください。

2011年辺りは太陽光パネルの価格も高く、補助金なしでは設置を見送る方もいらっしゃったと思います。元々補助金の目的は、太陽光発電を普及させようという政策の元行われているものですが、2013年現在ではかなり低価格になっていますので、補助金無しでも大丈夫ですが、あった方がもちろんありがたいですよね。

【おすすめ記事】

1・『共通』『発電量シュミレーション』の危険

2・『共通』ヤマダ電機で太陽光発電の見積もり依頼したK氏の話

3・『共通』太陽光発電 見積もり時の『業界の裏話』

4・『共通』ソーラーパネル性能比較!主要10社

5・『共通』パワーコンディショナー性能価格比較!主要5社

6・『住宅用』太陽光発電のメリットとデメリット【2015年最新版】

7・『住宅用』【導入理由】【心配事】のリアルなアンケート結果まとめ。

8・『産業用』太陽光発電のメリットとデメリット【2015年最新版】

9・『産業用』2014年度売電価格32円!採算は取れるのか?

10・『産業用』メンテナンス費用は設備費用の1%はウソ!

11・『産業用』『土地付き分譲型』不動産投資で稼いでいる人に聞く『太陽光発電』

12・『土地付き分譲型』土地付き太陽光発電は投資目的に不向き?

13・『土地付き分譲型』『42円物件』の入手方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です