全量買取制度はなぜ今お得なのか?

By | 2013/12/24

スクリーンショット 2013-12-24 14.32.26全量買取制度とは、太陽光発電システムで発電した電気を全て電力会社に買ってもらう事が出来ます。

住宅用の太陽光発電システムは余った分だけの買取と違う所です。

2012年の全額買取制度では売電価格は36円となっています。電力会社から電力を購入する場合は、23円で購入します。従いまして、自社で使った電気は電力会社から買い、産業用太陽光発電システムで発電したものは全て売電する事で利益も大きくなる事がわかります。

しかも売電価格は20年間保証ですので、ずっとこの36円で買い取ってもらえるという事です。

 

 

【おすすめ記事】

1・『共通』『発電量シュミレーション』の危険

2・『共通』ヤマダ電機で太陽光発電の見積もり依頼したK氏の話

3・『共通』太陽光発電 見積もり時の『業界の裏話』

4・『共通』ソーラーパネル性能比較!主要10社

5・『共通』パワーコンディショナー性能価格比較!主要5社

6・『住宅用』太陽光発電のメリットとデメリット【2015年最新版】

7・『住宅用』【導入理由】【心配事】のリアルなアンケート結果まとめ。

8・『産業用』太陽光発電のメリットとデメリット【2015年最新版】

9・『産業用』2014年度売電価格32円!採算は取れるのか?

10・『産業用』メンテナンス費用は設備費用の1%はウソ!

11・『産業用』『土地付き分譲型』不動産投資で稼いでいる人に聞く『太陽光発電』

12・『土地付き分譲型』土地付き太陽光発電は投資目的に不向き?

13・『土地付き分譲型』『42円物件』の入手方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です