実際の初期費用を細かく公開!

By | 2013/12/25

ソーラーパネル初期費用

何にいくらの費用がかかる?

太陽光発電を導入する際に、初期費用を無視する訳にはいきません。

ここでは、簡単に初期費用の概算を出す方法をお教えします。

・何に、どれだけの費用がかかるのか?

・実際にかかる初期費用はどれ位なのか?

販売店勤務の私がしっかりとお伝えさせて頂きます。

まずは一般的に公開されている費用相場を!

JーPEC(太陽光発電普及拡大センター)による、太陽光発電システム導入にかかる初期費用算出方法です。

国の補助金(2014年3月まで)も併せた初期費用の目安になります。

「1kWあたり41万円・50万円」と言われており、一般家庭で多く導入されているものは3.5kWが多いので3.5kWを例に挙げてみます。

3.5kW発電出来る太陽光発電システムを導入する場合、初期費用は1kWあたり41万円以下・50万円以下・50万円以上と分ける事ができ、41万円以下と50万円以下のものに補助金が適用されますので、41万円と50万円を例に挙げます。

3.5kW ✕ 41万円 = 144万円

3.5kW ✕ 50万円 = 175万円

ざっくりですが、これくらいの工事料金も併せた初期費用がかかるという事がわかります。

メーカーによっても開きはありますが、何にどの位の費用がかかるかざっと記載しました。

太陽電池モジュール 145万円
パワコン 24万円
モニター 5万円
ケーブル・配線その他 2万円
架台 12万円
設置工事費 16万円
配線工事費 12万円
架台工事費 8万円
補助金等 -85万円
合計 139万円

これは1年前に補助金が適応されていた時の初期費用です。

しかも、実際の価格ではなく、公式データから導き出された費用で、実際に販売されていた価格とは違います。

更に2015年の今、価格はもっと低価格化しています。

実は、こんなに高くない!

「少し高いな・・・」

「表に「補助金」ってあるけど、今は無いし」

と感じた方は、よく情報収集されている方です。

上記の価格は一般的に言われている価格で、実際に販売されている価格はこんなに高額ではありません。

私が太陽光発電を販売する際、お客様に

「このシステムの相場っていくらですか?」と聞かれます。

実は我々が実際に販売している価格は平均すると34万円/kW前後になります。

激安店になると33万円を切って販売している会社もあります。
※システムによって価格は前後します。中国韓国メーカーの場合32万円/kW前後で販売する事もあります。

従いまして、3.5kWのシステムをご希望の方は予算として、

3.5kW ✕ 34万円 = 119万円

をご用意して頂ければ大丈夫かと思います。

もちろん工事費やもろもろ込みの価格です。

これなら補助金が無くても、安いと思いませんか?

実際のお見積もり内訳は、補助金がなくてもこんなに安くなっています。

太陽電池モジュール 80万円
パワコン 15万円
モニター 5万円
ケーブル・配線その他 3万円
架台 5万円
設置工事費 8万円
配線工事費 2万円
架台工事費 1万円
合計 119万円

価格の値引き競争が凄い!

弊社もたいへん困っている事なんですが、

各施工販売店の値引き競争が激化して、本当に薄利で販売せざるを得ない状況になっています。

ちょっと前のお話ですが、弊社の地域にも「激安店」と呼ばれる会社が参入してきました。

激安店と呼ばれるのは、どこかで手を抜かないと「激安価格」には絶対になりません。

架台をメーカー純正品じゃないものを使用したり、足場を建てなかったり。

私はこの方法は大変危険な工事だと考えています。

メーカー保証を受ける事が出来る工事なのか?信頼出来る架台や、付属品なのか?

しっかりと確かめる必要があります。

今後初期費用はそれほど安くはならない!

先程もお伝えしましたが、価格競争が激化しすぎて、現在の太陽光発電価格は異常に安いです。

弊社ではなく他社さんもそうですが、太陽光発電だけでは食べて行けない状況です。

お申し込み件数は増える一方なのに対し、価格はどんどん下がっているのですから。

販売店の裏情報ですが、蓄電池やオール電化といった商材を販売して利益を上げる方法を取らざるを得ません。

裏を返せば、太陽光発電を検討されている方にとっては、最高の時代と言えます。

ただし、注意点もあります。

安過ぎるシステムには、何かしらの手抜きがあると考えて下さい。

複数社で見積もりをとった時に一番安い業者の見積もりを、他の業者に見せてアドバイスをもらった方が良いです。

こちらでは、見積もりの上手なとり方を解説していますので、参考にしてみてください。メリットとデメリット

【おすすめ記事】

1・『共通』『発電量シュミレーション』の危険

2・『共通』ヤマダ電機で太陽光発電の見積もり依頼したK氏の話

3・『共通』太陽光発電 見積もり時の『業界の裏話』

4・『共通』ソーラーパネル性能比較!主要10社

5・『住宅用』【悲劇!!】太陽光発電に向かない残念な家『図解・写真付き』

6・『住宅用』太陽光発電のメリットとデメリット【2015年最新版】

7・『住宅用』【導入理由】【心配事】のリアルなアンケート結果まとめ。

8・『産業用』産業用太陽光発電のメリットとデメリット【2015年最新版】

9・『産業用』パワーコンディショナー性能価格比較!主要5社

10・『産業用』2014年度売電価格32円!採算は取れるのか?

11・『産業用』メンテナンス費用は設備費用の1%はウソ!

12・『土地付き分譲型』土地付き太陽光発電は投資目的に不向き?

13・『土地付き分譲型』『42円物件』の入手方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です