グリーン電力証書をわかりやすく説明 | 太陽光発電のメリットとデメリット

By | 2014/02/12

グリーン電力証書をネットで調べると、

『グリーン電力とは風力や太陽光、バイオマスなどの再生可能エネルギーで作った電気のことです。グリーン電力証書とは、これらのグリーンな電気が持つ「環境価値」を「証書」化して取引することで、再生可能エネルギーの普及・拡大を応援する仕組みです。』

何を言っているのかさっぱりわかりませんね。

どのサイトも同じ様な事を言っています。

「結局銭は入ってくるんかい?」って話ですが、入ってきます。

独自のメーターを15000円で取り付けて、年に1度報告しなければいけませんが、一般家庭でグリーン電力証書を発行した場合、年間10000円〜15000円の収入が見込めます。

買取単価は太陽光発電システムの設置状況、発電状況によりますが、上記の金額ほど収入があるという事です。

年間1万円とすると、10年後には10万円。パワコン等その辺りで故障しそうなので、修繕費をまかなう意味合いでグリーン電力証書システムに参加してもいいかもしれませんね。

グリーン電力証書システムは下記の様になっていますので、一応参考に。

1.グリーン電力の普及に前向きな企業や自治体などが、太陽光発電所ネットワークと契約。
2.太陽光発電設置宅で、自家消費電力の環境価値の譲渡を希望する太陽光発電設置者(皆さん)と
太陽光発電所ネットワークが契約。
3.太陽光発電設置者は発電実績を年に一度報告。
4.太陽光発電所ネットワークは太陽光発電の自家消費電力実績をグリーン電力認証機構に申請し認証を受ける。
5.太陽光発電所ネットワークが「グリーン電力証書」発行。証書の買い手は「CO2排出削減・環境実績」として利用可能。
6.証書購入者は証書代金を支払う。
7.太陽光発電所ネットワークは手数料を差し引き、太陽光発電設置者(環境価値の売り手)に証書代金を交付。
8.太陽光発電設置者の希望により、この証書代金を「太陽光発電所ネットワーク基金」に寄付し、
太陽光発電設備設置支援への振替えも可能。

太陽光発電を既に導入されている方は環境省へお問い合わせ下さい。

まだこれからだという方は、太陽光発電が自宅にどれだけメリットがあるものかを一括見積りで判断しましょう。

一括見積りサイトは、複数の優良企業から太陽光発電した際の初期費用やシュミレーションをもらえる便利なサイトです。

太陽光発電を導入される時には、グリーン電力証書の発行手続きもお忘れなく。

 

【おすすめ記事】

1・『共通』『発電量シュミレーション』の危険

2・『共通』ヤマダ電機で太陽光発電の見積もり依頼したK氏の話

3・『共通』太陽光発電 見積もり時の『業界の裏話』

4・『共通』ソーラーパネル性能比較!主要10社

5・『共通』パワーコンディショナー性能価格比較!主要5社

6・『住宅用』太陽光発電のメリットとデメリット【2015年最新版】

7・『住宅用』【導入理由】【心配事】のリアルなアンケート結果まとめ。

8・『産業用』太陽光発電のメリットとデメリット【2015年最新版】

9・『産業用』2014年度売電価格32円!採算は取れるのか?

10・『産業用』メンテナンス費用は設備費用の1%はウソ!

11・『産業用』『土地付き分譲型』不動産投資で稼いでいる人に聞く『太陽光発電』

12・『土地付き分譲型』土地付き太陽光発電は投資目的に不向き?

13・『土地付き分譲型』『42円物件』の入手方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です