ハンファQセルズの評判や口コミ

By | 2014/05/01

ハンファQセルズは韓国のトップ10グループの一つ「ハンファグループ」が2012年4月にドイツにて破産申請した「Qセルズ」を買収して2012年10月に出来上がりました。

ハンファQセルズのソーラーパネルは他の国産のパネルと比べても少し高額ですが、不良品発生率を世界最低水準に抑え、曇や雨の日照条件(低照度)でも高い発電量を獲得出来るパネルで、国内では知名度はイマイチの割に、注文が多い海外パネルのひとつです。

ハンファQセルズのTVCMです。

ハンファQセルズは、この買収によって世界第3位の太陽電池メーカーとなり、ドイツ、マレーシア、中国、に製造拠点を置いています。

現在でもハンファグループのソーラーパネルと、Qセルズのソーラーパネルをそれぞれ販売しています。

ハンファグループのソーラーパネルは「ハンファソーラーワン」という名前で販売されており、Qセルズの方は「ハンファQセルズ」として販売されています。

ハンファソーラーワンのソーラーパネルはkW単価が30万円〜31万円というのに対し、ハンファQセルズのソーラーパネルは34万円〜35万円とかなり高額です。

販売店によってはQセルズに力を入れて販売していれば、他店よりも安い見積もり額になる事もあるかと思います。

しかし私の現場での率直な感想ですが、同じ会社になったとは言え評判が良いのは、最初の動画でもありましたが高額な「Qセルズ」です。

テレビCMしている影響が大きいかと思いますが、Qセルズファンの方はQセルズを指定してきます。

やはり曇りや雨の日が多い日本ならではかもしれません。

しかし、Qセルズのデメリットはソーラーパネルの大きさです。

大きいソーラーパネルしか取扱がないので、三角コーナーにはパネルを設置する事が出来ません。

屋根によってはかなり余分なスペースが出来る事もあります。

保証は他メーカーと比べてかなり充実していると言えます。

出力保証が25年。品質保証は10年。

その他に火災・落雷保証、日照保証がついているので、他のメーカーに比べ保証面はしっかりしています。

【おすすめ記事】

1・『共通』『発電量シュミレーション』の危険

2・『共通』ヤマダ電機で太陽光発電の見積もり依頼したK氏の話

3・『共通』太陽光発電 見積もり時の『業界の裏話』

4・『共通』ソーラーパネル性能比較!主要10社

5・『共通』パワーコンディショナー性能価格比較!主要5社

6・『住宅用』太陽光発電のメリットとデメリット【2015年最新版】

7・『住宅用』【導入理由】【心配事】のリアルなアンケート結果まとめ。

8・『産業用』太陽光発電のメリットとデメリット【2015年最新版】

9・『産業用』2014年度売電価格32円!採算は取れるのか?

10・『産業用』メンテナンス費用は設備費用の1%はウソ!

11・『産業用』『土地付き分譲型』不動産投資で稼いでいる人に聞く『太陽光発電』

12・『土地付き分譲型』土地付き太陽光発電は投資目的に不向き?

13・『土地付き分譲型』『42円物件』の入手方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です