Monthly Archives: 7月 2014

売電価格2015年度は30円?採算は?

売電価格2015年度最初に申し上げますと、2015年度売電価格は太陽光発電業界の噂では30円/kW。私個人的には29円/kW又は28円/kWと予想しています。
それにしても、太陽光発電の売電価格はいつでも我々施工販売店やメーカーをハラハラさせます。

現在発電事業者の方で、今後追加で太陽光発電システムを導入されない方にとっては関係ない話しですが、これからスタートされる方にとっては大変重要な問題だからです。

自分が発電した電気をいくらで買ってくれるのか?

そして、皆さん売電価格ばかりを気にされます。

「2014年度は32円/kWですが大丈夫ですか?」

「2014年度からスタートする方は2012年にスタートした方よりも収益は低いんですか?」と。当然気になりますよね。

でも、売電価格ばかりが注目されていますが、本当は「システム単価」「システム性能」「売電価格」この3点が各々重要だという事を忘れてはいけません。

太陽光発電事業者になる方の9割以上の方は、「投資」として太陽光発電を見ています。

投資として見る以上、費用対効果は絶対です。

1・初期投資額は1400万円か1800万円か

2・ソーラーパネルやパワコンシステムで何kWh発電するのか 60000kWhか70000kWhか

3・売電価格は32円/kWか29円/kWか?

こうして見ると、123全て重要ではないですか?

3番の売電価格ももちろん重要ですが、2番のシステム構成によっては同じkWでも発電量がこれだけ変わってきます。

では、1番の初期投資額から簡単にご説明していき、最終的に2015年度の採算にまで話しを持って行こうと思います。

投資コストは2014年が最安値。2015年はステイ又は値上り

1番は皆さんおなじみ施工販売店によって価格差がある事はご存知だと思いますので、我々の頑張り所だと感じています。

別の記事でも書いている事ですが、

2013年12月頃までは太陽光発電の価格は低価格化の一途をたどっていました。

しかし、2014年初旬から現在まで値下がりの動きはありません。

メガソーラーが随分以前から値上りを始めている事を考えると、我々は産業用太陽光発電も値上りの準備段階に入ったと見ています。

2番のシステム性能ですが、これは現在も高性能化が進んでいます。

しかし、太陽光発電システムの主要機器はソーラーパネルとパワコンですが、発電効率及び変換効率は東芝の20.1%とSMAの98.0%です。

SAMの98%は上がっても99%とあと1%しか上がる余地がありません。

しかしソーラーパネルは20.1%で東芝が現在世界No.1ですが、例えば数年後に30%になったとします。

発電量が1.5倍 = 収益が1.5倍

になりますので、ここには今後も期待が持てそうです。

売電価格は29円と予想

この記事のタイトルでもある、2015年度の売電価格ですが、業界の噂では30円ですので恐らく30円になると考えられます。

しかし、私はあえて29円と予想します。

2014年度の売電価格は住宅用が番狂わせがあった事もあり、今回も29円は中穴位の位置にはいますよ。

なぜ29円と予想するかというと、

1・システム価格が最安値になり、採算も充分に取れる(1500万円の投資で4200万円の収益が3900万円に経るレベル)
2・次に経産省が心配しているのは、国民への負担額が増える事
3・太陽光発電の認知度もある程度広まり、採算も充分なのであれば、例年以上の低価格化でも良い

今後はほっておいても産業用太陽以降発電は広まっていく為、国民負担を考える時期に来ていると考えると思います。

「ほっておいても普及していく」理由のひとつに我々施工販売店がほとんど利益が無い状態で商売を行っている事を認識下さい。

太陽光発電システム価格の競争の激化によって、ほとんど利益はありません。

その証拠に、我々も周りの施工販売店も、次の新しい事業にとりかかっています。

太陽光は今や国が援助して、発電事業者の皆さんが儲かるというだけのシステムで、その中間に我々のような施工販売店が手数料を取れる様な状況ではなくなってきています。単純なパイプの役目を果たしているに過ぎません。

という事で、2015年度もまだまだ発電事業者の方にとっては高利回りの投資には変わりありません。

しかし、注意が必要です。

システムの価格は底値になっています。

後は、売電価格が毎年下がって、システム性能が少しづつ上昇していくだけです。

採算ボリュームは毎年減少していくでしょう。

太陽光発電はいつでも参入できる事業では無いという事です。

2015年度の売電価格が発表される頃にはまた大きな流れが出来そうですが、皆さんはその前に施工販売店等で相談に行かれたほうが良いと思います。

【おすすめ記事】

1・『共通』『発電量シュミレーション』の危険

2・『共通』ヤマダ電機で太陽光発電の見積もり依頼したK氏の話

3・『共通』太陽光発電 見積もり時の『業界の裏話』

4・『共通』ソーラーパネル性能比較!主要10社

5・『共通』パワーコンディショナー性能価格比較!主要5社

6・『住宅用』太陽光発電のメリットとデメリット【2015年最新版】

7・『住宅用』【導入理由】【心配事】のリアルなアンケート結果まとめ。

8・『産業用』太陽光発電のメリットとデメリット【2015年最新版】

9・『産業用』2014年度売電価格32円!採算は取れるのか?

10・『産業用』メンテナンス費用は設備費用の1%はウソ!

11・『産業用』『土地付き分譲型』不動産投資で稼いでいる人に聞く『太陽光発電』

12・『土地付き分譲型』土地付き太陽光発電は投資目的に不向き?

13・『土地付き分譲型』『42円物件』の入手方法

太陽光発電見積もり比較アイ

太陽光発電見積もり比較アイ

太陽光発電見積もり比較アイで見積もり比較

太陽光発電見積もり比較アイ太陽光発電見積もり比較アイでは、見積もりの比較方法について、太陽光発電の販売店勤務の私がアドバイスさせて頂きたいと思います。

ヤフーの検索窓でも「見積もり比較」と表示されている事から、

太陽光発電において、見積もりを比較する事の重要性を皆さんご存知なんだなと身の引き締まる思いがしております。

しかし、見積もりを比較する方法や、我々の様な施工販売業者の見極め方までは、具体的な点が分からない方が多いと思います。

私もネットを色々と検索しますが、内部事情をお話しているのは私くらいですので、是非参考にしていただきたいと思います。

実際の所どうなのか、内部事情を含めて、私が見積もり比較のポイントをお教えさせて頂きます。

まずは、知らない方が多い見積もりの内部事情から。

太陽光発電の見積もりの仕組みを知っておきましょう

大きなメーカーさん、例えばシャープさん、パナソニックさん、東芝さん、京セラさん、三菱電機さん、等まだまだたくさんあります。

ここへあなたが見積もり依頼を出した場合、これらの有名メーカーは自社の施工業者やお抱えの業者が存在していませんので、見積もり依頼をしてきたお客様の住所付近の施工販売店へ依頼を落とします。恐らくあなたの地域を管轄する施工販売店は3社〜10社はあるはずですが、メーカーはその中の1社に勝手に決めてしまいます。※メーカーがどの様な基準で特定の施工販売店に依頼を流しているかはご想像の通りです。

太陽光発電メーカーは、我々の様な「地域の施工販売店」へ、太陽光発電システムと保証を販売しているだけです。

では、

太陽光発電の見積もりを比べる為には、地域の施工販売店を探して一件づつ見積もり依頼していく方法が良いのでしょうか。

実際の見積もり比較ポイントは?

それでは時間がかかりすぎるので、一括見積もりサイトを利用しましょう。

一括見積もりサイトの場合、サイト運営者が登録業者へ定期的な審査を行っていますので、まず「悪徳業者がいない」という点で安心だからです。

では、次に業者の選定方法です。

一括見積もりサイトを利用しても、自力で依頼するにしても、複数の業者へ見積もり依頼は行って下さい。

あなたの手元には見積もりが5社分あるとします。

この中から具体的にどの様に施工販売店を選べば良いのでしょうか。

こちらに更に具体的な見積もりの業界裏情報を掲載しています。

こちらを参考にシッカリと見積もり比較、つまり業者の比較を行って頂きたいと思います。
メリットとデメリット

【おすすめ記事】

1・『共通』『発電量シュミレーション』の危険

2・『共通』ヤマダ電機で太陽光発電の見積もり依頼したK氏の話

3・『共通』太陽光発電 見積もり時の『業界の裏話』

4・『共通』ソーラーパネル性能比較!主要10社

5・『共通』パワーコンディショナー性能価格比較!主要5社

6・『住宅用』太陽光発電のメリットとデメリット【2015年最新版】

7・『住宅用』【導入理由】【心配事】のリアルなアンケート結果まとめ。

8・『産業用』太陽光発電のメリットとデメリット【2015年最新版】

9・『産業用』2014年度売電価格32円!採算は取れるのか?

10・『産業用』メンテナンス費用は設備費用の1%はウソ!

11・『産業用』『土地付き分譲型』不動産投資で稼いでいる人に聞く『太陽光発電』

12・『土地付き分譲型』土地付き太陽光発電は投資目的に不向き?

13・『土地付き分譲型』『42円物件』の入手方法