太陽光発電見積もり比較アイ

By | 2014/07/31

太陽光発電見積もり比較アイ

太陽光発電見積もり比較アイで見積もり比較

太陽光発電見積もり比較アイ太陽光発電見積もり比較アイでは、見積もりの比較方法について、太陽光発電の販売店勤務の私がアドバイスさせて頂きたいと思います。

ヤフーの検索窓でも「見積もり比較」と表示されている事から、

太陽光発電において、見積もりを比較する事の重要性を皆さんご存知なんだなと身の引き締まる思いがしております。

しかし、見積もりを比較する方法や、我々の様な施工販売業者の見極め方までは、具体的な点が分からない方が多いと思います。

私もネットを色々と検索しますが、内部事情をお話しているのは私くらいですので、是非参考にしていただきたいと思います。

実際の所どうなのか、内部事情を含めて、私が見積もり比較のポイントをお教えさせて頂きます。

まずは、知らない方が多い見積もりの内部事情から。

太陽光発電の見積もりの仕組みを知っておきましょう

大きなメーカーさん、例えばシャープさん、パナソニックさん、東芝さん、京セラさん、三菱電機さん、等まだまだたくさんあります。

ここへあなたが見積もり依頼を出した場合、これらの有名メーカーは自社の施工業者やお抱えの業者が存在していませんので、見積もり依頼をしてきたお客様の住所付近の施工販売店へ依頼を落とします。恐らくあなたの地域を管轄する施工販売店は3社〜10社はあるはずですが、メーカーはその中の1社に勝手に決めてしまいます。※メーカーがどの様な基準で特定の施工販売店に依頼を流しているかはご想像の通りです。

太陽光発電メーカーは、我々の様な「地域の施工販売店」へ、太陽光発電システムと保証を販売しているだけです。

では、

太陽光発電の見積もりを比べる為には、地域の施工販売店を探して一件づつ見積もり依頼していく方法が良いのでしょうか。

実際の見積もり比較ポイントは?

それでは時間がかかりすぎるので、一括見積もりサイトを利用しましょう。

一括見積もりサイトの場合、サイト運営者が登録業者へ定期的な審査を行っていますので、まず「悪徳業者がいない」という点で安心だからです。

では、次に業者の選定方法です。

一括見積もりサイトを利用しても、自力で依頼するにしても、複数の業者へ見積もり依頼は行って下さい。

あなたの手元には見積もりが5社分あるとします。

この中から具体的にどの様に施工販売店を選べば良いのでしょうか。

こちらに更に具体的な見積もりの業界裏情報を掲載しています。

こちらを参考にシッカリと見積もり比較、つまり業者の比較を行って頂きたいと思います。
メリットとデメリット

【おすすめ記事】

1・『共通』『発電量シュミレーション』の危険

2・『共通』ヤマダ電機で太陽光発電の見積もり依頼したK氏の話

3・『共通』太陽光発電 見積もり時の『業界の裏話』

4・『共通』ソーラーパネル性能比較!主要10社

5・『共通』パワーコンディショナー性能価格比較!主要5社

6・『住宅用』太陽光発電のメリットとデメリット【2015年最新版】

7・『住宅用』【導入理由】【心配事】のリアルなアンケート結果まとめ。

8・『産業用』太陽光発電のメリットとデメリット【2015年最新版】

9・『産業用』2014年度売電価格32円!採算は取れるのか?

10・『産業用』メンテナンス費用は設備費用の1%はウソ!

11・『産業用』『土地付き分譲型』不動産投資で稼いでいる人に聞く『太陽光発電』

12・『土地付き分譲型』土地付き太陽光発電は投資目的に不向き?

13・『土地付き分譲型』『42円物件』の入手方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です