Monthly Archives: 8月 2014

太陽光発電は安心無料で一括見積り比較って本当にあるの?

太陽光発電って安心無料で一括見積り比較って本当にあるの?

私はいろんなサイトを確認しましたが、特に問題があるサイトではなさそうですね。
無料一括見積サイトを独自の視点で比較紹介しています。

これはどういう事かといいますと、見積もり先もたくさんありますので、一括見積もりサイトの様な総合サイトで複数社から見積もりを取得する事は大変有効です。

しかし、その一括見積もりサイトも世の中にはたくさんあります。

皆さんはこんな事実をご存知でしょうか?

一括見積もりサイトは「複数の太陽光発電の施工販売店から無料で見積もりを取得出来る」サイトです。

しかし、複数の販売店を紹介せず、特定の販売店のみ紹介してくる一括見積りサイトもあるんです。

もはや一括見積りサイトではありませんね。

しかし、そこは見積もりをされる方の目的意識がしっかりされていれば大丈夫です。

見積もりが1社からしか来ない時点で、おかしいなと感じるはずです。

そんな事が無いようにする為には、国内で一番利用されているサイトを利用するのが一番安全です。

一社しか紹介しない一括見積りサイト・・・太陽光発電の施工販売店さんは、普通にご自分の会社を宣伝すれば良いのになと感じるのは私だけでしょうか?

この様なサイトで混乱しない為、そんな事が無いようにする為に1つ対策案を提案させて頂きます。

一括見積りサイトは、見積もり依頼した住所付近の太陽光発電の施工販売店5社程から見積もりが届きます。

それとは別の施工販売店をインターネットで調べて、ご自身で1社、見積もりを取り寄せてみる事です。

少し手間がかかりますが、ご自身で決めた1社も含めた、一括見積りサイトからの5社、合計6社で見積もり比較すれば、とても価値のある比較が出来る事でしょう。

当サイトでも見積り時の重要なポイントをまとめた「太陽光発電業界の裏話」がありますので、是非読んで参考にして頂きたいと思います。

メリットとデメリット

【おすすめ記事】

1・『共通』『発電量シュミレーション』の危険

2・『共通』ヤマダ電機で太陽光発電の見積もり依頼したK氏の話

3・『共通』太陽光発電 見積もり時の『業界の裏話』

4・『共通』ソーラーパネル性能比較!主要10社

5・『共通』パワーコンディショナー性能価格比較!主要5社

6・『住宅用』太陽光発電のメリットとデメリット【2015年最新版】

7・『住宅用』【導入理由】【心配事】のリアルなアンケート結果まとめ。

8・『産業用』太陽光発電のメリットとデメリット【2015年最新版】

9・『産業用』2014年度売電価格32円!採算は取れるのか?

10・『産業用』メンテナンス費用は設備費用の1%はウソ!

11・『産業用』『土地付き分譲型』不動産投資で稼いでいる人に聞く『太陽光発電』

12・『土地付き分譲型』土地付き太陽光発電は投資目的に不向き?

13・『土地付き分譲型』『42円物件』の入手方法

家庭用蓄電池のメリットとデメリットまとめ

無題1

家庭用蓄電池のメリットを3つ

1・突発的な停電に備えて非常用電源を確保出来る
2・機器代金の1/3以上の補助金が国・地方自治体から支給される
3・夜間の低価格な電力を蓄電出来て、日中に使用する事が出来る。

1・非常用電源

蓄電池に国から補助金が出る事が決まったのは、東日本大地震が起こる数ヶ月まえの事。

今後はそれまでの日本は非常用電源を必要としている方も少なかったと思います。

しかし、この震災をきっかけに日本には自分の地域にも震災が起きる可能性を身近に感じたハズです。

全国的な計画停電が行われ、街が真っ暗になる状況を私も経験しました。

そして、2010年には蓄電池市場は0でしたが、2012年蓄電池の補助金が制定された年に80億円に。

翌年2013年には142億円市場に伸びました。

私の会社でも蓄電池を取り扱っていますが、2013年以降太陽光発電に迫る普及スピードで売り上げており、皆さんの「非常用電源」への関心の高さが伺えます。

2・補助金が国と地方自治体から出ます

補助金の計算方法は少しだけ複雑です。⇒補助金計算方法はこちら

私がおすすめするのは、販売店に直接聞く事です。

注意点はひとつだけ。太陽光発電と同じで、ひとつの販売店へ見積もり依頼をせず、複数の販売店へ見積もり依頼を出して、比べてみる事です。

例えばパナソニック製蓄電池204万円は国からの補助金が90万8千円出ます。つまり自己負担額は約113万円となります。

国から補助金が出ている今なら、約半額で蓄電池を購入する事が出来ます。

※ちなみに補助金は、現金で銀行口座へ振り込まれる為、例えばローンで蓄電池を購入した場合等は、一時銀行口座には90万円の現金が振り込まれるので、使い過ぎに注意しましょう。

3・夜間電力を蓄電し日中に使用し経済効果を狙える

東京電力の日中電力は約30円、夜間電力は約10円です。

夜間帯に安い電力を蓄電して、日中に使用する事で電気代を節約する事が出来ます。

宅内のコンセントから使用出来る蓄電池もありますし、蓄電池本体にコンセントを指して使用するタイプのものがあります。

この節電方法がどれだけ経済的節約に繋がるかを目安としてご紹介したいと思います。

ちなみに太陽光発電は初期費用の一般的な回収期間は7,8年です。

家庭用蓄電池は初期費用の回収は難しいのが現状です。

目安としては10年間で、蓄電池の自己負担額の約50%〜60%は回収出来るとおおよそ考えて頂くとイメージし易いかと思います。

家庭用蓄電池の誤解その1

家庭用蓄電池の賢い使用方法として、度々取り上げられているのがW発電(ダブル発電)です。

太陽光発電システムと蓄電池を併用する事をダブル発電と言いますが、売電価格が下がります。

2014年度の住宅用太陽光発電の売電価格は37円/kWですが、蓄電池を併用すると30円/kWに下がってしまいます。

蓄電池は太陽光発電システムからも電力会社からも電気を蓄電出来ます。

そうすると、電力会社から30円/kWで購入して37円で売るという事が延々と出来てしまう事になりますが、この売電価格の引き下げはこの様な状況を作らせない様にしたものとなります。

従いまして、W発電は可能ですが、弊社ではお客様にはおすすめしていません。

太陽光発電システムの初期費用を一刻も早く回収する為にはW発電は必要ありません。

家庭用蓄電池の誤解その2

太陽光発電やエコキュートと同様に、導入にかかった費用を10年弱で回収出来ると考えていらっしゃる方もいらっしゃるのですが、残念ながらそんな事はありません。

冒頭でもお話しましたが、10年で初期費用の約半分程が回収出来れば良い方だと思います。

そういう点では、より「家電」に近い存在かもしれませんね。

テレビや冷蔵庫の様な家電はその利便性を求めて購入する訳で、特に経済的なメリットを受けようとして購入するものではありませんよね。

家庭用蓄電池もそのような家電の側面が強いと思います。

ただ、今は大変高価なものですので、国や地方自治体が約半額を補助金という形でサポートして普及を促進したい考えです。

ちなみに何故国は蓄電池の普及にお金をかけているかという理由を解説させて頂きたいと思います。

国は何故蓄電池産業に補助金を出すのか?

日本は2020年には蓄電池の世界シェアの50%を狙っています。

蓄電池はエコカーをはじめ、スマートハウス、HEMS、エコ住宅等を筆頭とした「使うエネルギーは自宅で作る」住宅などに使用されるコアの部分です。
今後日本だけでなく世界の市場を引っ張っていきます。そんなこれからの市場である蓄電池を世界で戦える価格とクオリティにする為には、まずは国内での普及によって、各メーカー間で価格や技術面で競ってもらう必要があります。

現在国内大手メーカーは補助金の支給によって購入者が大きく増加している「家庭用蓄電池」市場で利益をあげつつ、世界市場を目指しています。

蓄電池に用意されていた補助金100億円が3ヶ月で終了

平成25年度補正予算として用意されていた「定置用リチウムイオン蓄電池導入支援事業費補助金」約100億円が2014年3月17日から予約開始して、2014年6月20日で予算額に達した事で終了となりました。年間の補助金額100億円が3ヶ月で無くなったというニュースは我々蓄電池の販売店にもいち早く入ってきました。

これはまずい・・・。

補助金があるから皆さん蓄電池を購入するんです。

補助金が無い状態では、今の蓄電池は高過ぎます。

※ちなみに太陽光発電は補助金が昨年打ち切りとなりましたが、補助金が出ていた年よりも安く設置出来る様な状況になっていました。
現在の蓄電池はまだまだ補助金が無くては高額で普及しにくいのが現状です。

従いまして、国はまだまだ追加で補助金を出してきます。

それがいつかはわかりませんが、国が2020年には世界シェア50%と掲げている目標に到達するスピードに合わせて補助金が出ます。

では今後も補助金が出るとなれば、どの蓄電池を選ぶかです。

蓄電池も販売店ごとで価格が違う

蓄電池も販売店ごとで価格が違います。
補助金額も地域や商品によって変わってきます。

全てを自分で調べていたらかなり大変です。

太陽光発電も施工販売店を決める時は、複数の販売店に見積もりを取ってからが基本でしたね。

蓄電池も同様です。

ただし、太陽光発電の一括見積もりサイトってありましたが、蓄電池の一括見積もりサイトって現在国内でひとつだけなんです。

蓄電池を扱う会社を集めて紹介しているだけのサイトはあっても、見積もりを数社から取り寄せる事が出来るのは、ここだけなんです。

利用は全て無料ですので、各社おすすめの蓄電池の提案を数社から受けてみてはいかがでしょうか。
みんなバラバラな提案をしてくると思いますが、その中から補助金をフルで使用できてお得だとか、コストの割に蓄電容量が大きい等、提案の中から決めてみると決めやすいかもしれませんね。

見積もり前に気になる商品があれば、その商品を個別で販売店へ見積もりの比較商品として提出してみても面白いかもしれません。

【おすすめ記事】

1・『共通』『発電量シュミレーション』の危険

2・『共通』ヤマダ電機で太陽光発電の見積もり依頼したK氏の話

3・『共通』太陽光発電 見積もり時の『業界の裏話』

4・『共通』ソーラーパネル性能比較!主要10社

5・『共通』パワーコンディショナー性能価格比較!主要5社

6・『住宅用』太陽光発電のメリットとデメリット【2015年最新版】

7・『住宅用』【導入理由】【心配事】のリアルなアンケート結果まとめ。

8・『産業用』太陽光発電のメリットとデメリット【2015年最新版】

9・『産業用』2014年度売電価格32円!採算は取れるのか?

10・『産業用』メンテナンス費用は設備費用の1%はウソ!

11・『産業用』『土地付き分譲型』不動産投資で稼いでいる人に聞く『太陽光発電』

12・『土地付き分譲型』土地付き太陽光発電は投資目的に不向き?

13・『土地付き分譲型』『42円物件』の入手方法

太陽光発電見積もりは簡単楽々館

太陽光発電見積もりは簡単楽々館って何?

太陽光発電見積もりは簡単楽々にはいかない?

見積もりの取り方太陽光発電弊社にお見積りを頂くお客様の中でも「弊社だけに見積もりを依頼される方」がいらっしゃいます。

とても直接お客様には言えませんが、「弊社が悪徳業者じゃなくて良かったですね」と言いたいです。

弊社だけに見積り依頼するという事は、お見積り依頼された方は「弊社からの見積もりしか知らない」事になります。

悪い言い方をすると、施工販売店やメーカーが「商売しやすいお客様」という事になります。

どの施工販売店も、有名メーカーも、お客様に良い製品を購入して頂きたい気持ちは同じだと思いますが、一円も値引きはしたくありません。

どうすれば良いかは簡単で、複数の業者へ見積もり依頼をする方法が一番安全です。

複数の業者に見積もり依頼が一番「安心・安全」

何故複数の業者へ見積もり依頼する方法が一番安全かというと、3点の理由があります。

1・太陽光発電業界は現在一番世間が注目している市場で、「悪徳業者」も多数存在しています。何かしらの基準で1社だけに見積もり依頼した先が「悪徳業者」だった場合、良し悪しを見極めることが出来ないからです。

2・価格、アフターケア、メンテナンス、性能を最大限活かすシステムの提案をしてくれるか等、施工販売店に求められるものは日々大きくなっています。
全てが100点満点の販売店を探すのは困難ですが、総合点が高い業者を探す為には、業者を比較して選ぶしかありません。

3・例えば同じシャープへ見積もり依頼をしても、北海道と沖縄では、施工販売店が違う為、価格も全然違います。実際にシステムの設置予定である「自宅」もしくは「土地」を管轄する施工販売店を比べなければいけません。

地域の施工販売店複数社へ見積もり依頼するのはかなり面倒ですので、皆さん利用されているのが一括見積もりサイトです。見積もり依頼をすると、その地域を管轄する太陽光発電施工販売店最大5社から見積もりが届きます。利用は全て無料なので気軽に利用されているようです。

しかし、ここでも太陽光発電システムを販売している者としていくつかアドバイスさせて頂きたいと思いますので、参考にしてみてください。

業者を「ドキッ」とさせる情報をまとめました

こちらをご覧のあなたが一括見積もりサイトをご利用された後、見積もり依頼を受けた我々の様な業者がどのような経緯で、値引きをしていくのか知りたくありませんか?

そして、我々の様な施工販売店と話す時に、相手を「ドキッ」させる様な情報があれば心強いですよね。

もうひとつ。我々の様な太陽光発電施工販売店は、「おすすめメーカー」をそれぞれ持っています。

そんな各社のおすすめメーカーに惑わされない方法等まとめましたので、是非こちらも参考にしてみて下さい。
メリットとデメリット

【おすすめ記事】

1・『共通』『発電量シュミレーション』の危険

2・『共通』ヤマダ電機で太陽光発電の見積もり依頼したK氏の話

3・『共通』太陽光発電 見積もり時の『業界の裏話』

4・『共通』ソーラーパネル性能比較!主要10社

5・『共通』パワーコンディショナー性能価格比較!主要5社

6・『住宅用』太陽光発電のメリットとデメリット【2015年最新版】

7・『住宅用』【導入理由】【心配事】のリアルなアンケート結果まとめ。

8・『産業用』太陽光発電のメリットとデメリット【2015年最新版】

9・『産業用』2014年度売電価格32円!採算は取れるのか?

10・『産業用』メンテナンス費用は設備費用の1%はウソ!

11・『産業用』『土地付き分譲型』不動産投資で稼いでいる人に聞く『太陽光発電』

12・『土地付き分譲型』土地付き太陽光発電は投資目的に不向き?

13・『土地付き分譲型』『42円物件』の入手方法

実際の現場で見る「基礎工事」 | 産業用太陽光発電

太陽光発電基礎工事右も写真は、弊社で建設させて頂いたA社の50kWシステムです。コストはかかりますが弊社が一番おすすめしているコンクリート基礎です。何故この写真を皆様にお見せしたかと言うと、最近「粗悪な基礎工事」をする現場をたまに見かけるからです。

太陽光発電の基礎は大きく分けて「コンクリート基礎」と「杭打ち基礎」があります。この2種類の中でも

コンクリート基礎は「布基礎」「ベタ基礎」「置きコンクリート」の3種類、

杭打ち基礎の中では、「パイプ工法」「スクリュー杭」の2種類があります。

杭打ちしかし最近この「杭打ち基礎」の中でも「単純に杭を打っただけ」という現場をたまに見かけます。

本数も恐らく足りない。

恐らくコストの問題で粗末な杭でシステムを支えている状況だと思いますが、角度のついたパネルでは20年間強風にさらされれば倒壊の恐れもあります。

杭打ち基礎が全て悪いわけでは無く、右の写真の様な小径な杭を打ち込んでいるだけの基礎ではかなり心配だという事です。

地盤や杭の種類によっては倒壊する

基礎工事先ほどの写真の様な小径な杭では当然倒壊の恐れがありますが、地盤自体の問題を事前調査で発見出来ない場合、杭打ちをシッカリ行ってもこの様にガタガタになってしまいます。これは明らかな調査不足、低い技術力での施工の結果です。

コンクリート基礎はコストはかかりますが、地盤調査に不備があったとしても、少しくらいの地盤の緩みであればこの様な写真の様になる事はありません。

コンクリート基礎はこの不安を少しだけですが軽減します。

ですが、コストが問題です。

その場合は「スクリュー杭」をおすすめします。それでもという場合は「単管パイプ工法」。パイプ工法は大掛かりな工事をしている様で強度はやはり業者次第です。

基礎強度もコストも簡単に分けるとこの様になります。

コンクリート基礎 > スクリュー杭 ≧ 単管パイプ工法

※もちろん地盤の強度、種類で出来ない基礎もあります。

これから産業用太陽光発電事業を行う方は、ソーラーパネルやシステム選び、コストパフォーマンスも重要ですが、実際の現場で行われる基礎工事にも目を配る必要があります。

しかし、大前提は信頼できる施工業者に依頼する事。太陽光発電メーカーや施工販売店の見積もりの裏側を書いた記事がありますので、これから太陽光を検討される方は是非一読しておいて下さい。メリットとデメリット

【おすすめ記事】

1・『共通』『発電量シュミレーション』の危険

2・『共通』ヤマダ電機で太陽光発電の見積もり依頼したK氏の話

3・『共通』太陽光発電 見積もり時の『業界の裏話』

4・『共通』ソーラーパネル性能比較!主要10社

5・『共通』パワーコンディショナー性能価格比較!主要5社

6・『住宅用』太陽光発電のメリットとデメリット【2015年最新版】

7・『住宅用』【導入理由】【心配事】のリアルなアンケート結果まとめ。

8・『産業用』太陽光発電のメリットとデメリット【2015年最新版】

9・『産業用』2014年度売電価格32円!採算は取れるのか?

10・『産業用』メンテナンス費用は設備費用の1%はウソ!

11・『産業用』『土地付き分譲型』不動産投資で稼いでいる人に聞く『太陽光発電』

12・『土地付き分譲型』土地付き太陽光発電は投資目的に不向き?

13・『土地付き分譲型』『42円物件』の入手方法

太陽光発電の人気比較はソラナビ君

太陽光発電の人気比較はソラナビ君

太陽光発電の人気比較はソラナビ君はメーカー比較するのに使えるツール

ソラナビ君初めまして。私は太陽光発電の販売店で働いています。お客様に、「どこのメーカーが人気?」という質問を一番受けているかもしれません。

太陽光発電は「家電」では無いので、人気のメーカーって無いんです。

強いて言うなら、弊社データでは一般家庭用なら3.5kWが一番売れ筋ですので、3.5kWの人気メーカーはシャープです。しかし、4.0kWでは東芝さんが人気のメーカーです。

産業用ならコスト意識が皆さん高いので、中国系のサンテックパワー、トリナソーラーが人気です。

低価格で長期保証、中国製の強みですね。以前は低価格だけが売りで市場から締め出された苦い経験の持ち主達ですから、お客様に満足され生き残る技術には磨きがかかっています。

というように、規模や日照環境によって、「一番良いメーカー」が変わってきます。

とは言え、我々も商売でやっていますので、「おすすめメーカー」はあります。しかし、ご注文頂いたお客様の環境があまりにもうちのおすすめメーカーでは良い結果が生まれない場合は、違うメーカーをおすすめせざるを得ません。お客様の反感をかう事は、この市場から閉めだされる事だという事を先程の中国メーカー達が全世界に証明しているからです。

例えば、ご自宅や遊休地に太陽光発電を設置する場合この「おすすめメーカー」が厄介ものなんです。

おすすめメーカーが人気比較に邪魔?

近所の施工販売店Aに見積もり依頼したら、「シャープが一番良いです」といい、違う施工販売店Bに見積もり依頼すると「京セラが一番良い」と言う。これでは、どのメーカーが本当に自分の家や遊休地に合っているかがわかりません。

そんな時は、複数の施工販売店へ見積もりを取り寄せて比べてみる事をおすすめします。

ご自宅や遊休地を管轄する施工販売店3社以上からおすすめメーカーの提案を受ければ、最高のメーカーそして価格も比較してみる事が出来ます。

私の会社もそうですが、見積もりは無料ですので、大いに使って頂きたいと思います。

その上、各施工販売店は発電量シュミレーションを提出します。

この発電量シュミレーションによって、「何年で初期費用を回収出来るのか?」「ランニングコストはいくらなのか?」等、これから10年20年後の計画を比べます。

この発電シュミレーションや、施工販売店(メーカー)の選び方をもっと詳しく書きましたのでこちらもご覧ください。
メリットとデメリット

【おすすめ記事】

1・『共通』『発電量シュミレーション』の危険

2・『共通』ヤマダ電機で太陽光発電の見積もり依頼したK氏の話

3・『共通』太陽光発電 見積もり時の『業界の裏話』

4・『共通』ソーラーパネル性能比較!主要10社

5・『共通』パワーコンディショナー性能価格比較!主要5社

6・『住宅用』太陽光発電のメリットとデメリット【2015年最新版】

7・『住宅用』【導入理由】【心配事】のリアルなアンケート結果まとめ。

8・『産業用』太陽光発電のメリットとデメリット【2015年最新版】

9・『産業用』2014年度売電価格32円!採算は取れるのか?

10・『産業用』メンテナンス費用は設備費用の1%はウソ!

11・『産業用』『土地付き分譲型』不動産投資で稼いでいる人に聞く『太陽光発電』

12・『土地付き分譲型』土地付き太陽光発電は投資目的に不向き?

13・『土地付き分譲型』『42円物件』の入手方法