マンションオーナーが太陽光を導入する場合の注意点まとめ

By | 2014/09/18

太陽光発電システムはマンションの屋根に設置することができ、家賃収入に次ぐ収入増となりますが注意しなければいけない点もあります。
太陽光発電システムの導入は賃貸物件ですからマンションオーナーの一存で決定してもかまいません。

ただし、設置費用と家賃に転嫁しなくてはいけない場合は事前に通知するなどの配慮が必要ですし、場合によっては住民投票などで中止となる場合もありえます。
家賃に設置費用を転嫁しないのであれば特には問題がないかもしれませんが、工事中の騒音、階段スペース、エレベーターが業者との共同利用等、生活における様々事案について了承を得る必要があります。

住民については設置費用の家賃への転嫁とともに売電システムにより得た収入の公開とその使い道の提案など、それぞれについて話し合う必要があります。
設置費用が返済できた場合の家賃の取り扱いの問題、売電システムの見直しなどマンションオーナーのすることは多岐に渡っています。

全ては共同使用というところに住民の意見のとりまとめが必要となり、何をするにも話し合いの場が持たれ、紛糾して先に進まないの繰り返しが起きてしまいます。
家賃への設置費用への転嫁はその本質がわからなくなる可能性があるので、「屋根使用料」など目的の明確化なども必要となります。

細かなきめ事にはマンションオーナーは参加しないで住民会議などでとりまとめを行なったうえでマンションオーナーと話し合うという形がベストでしょう。

【まとめ】
個別対応は難しく、太陽光発電システムは全体で共用することになります。設置費用にお金がかかるため、その費用について家賃転嫁をすることになります。
様々な住民が住んでいるのでその一つ一つの意見をくみ上げて集約するのはかなりの労力を必要とするでしょう。

【おすすめ記事】

1・『共通』『発電量シュミレーション』の危険

2・『共通』ヤマダ電機で太陽光発電の見積もり依頼したK氏の話

3・『共通』太陽光発電 見積もり時の『業界の裏話』

4・『共通』ソーラーパネル性能比較!主要10社

5・『共通』パワーコンディショナー性能価格比較!主要5社

6・『住宅用』太陽光発電のメリットとデメリット【2015年最新版】

7・『住宅用』【導入理由】【心配事】のリアルなアンケート結果まとめ。

8・『産業用』太陽光発電のメリットとデメリット【2015年最新版】

9・『産業用』2014年度売電価格32円!採算は取れるのか?

10・『産業用』メンテナンス費用は設備費用の1%はウソ!

11・『産業用』『土地付き分譲型』不動産投資で稼いでいる人に聞く『太陽光発電』

12・『土地付き分譲型』土地付き太陽光発電は投資目的に不向き?

13・『土地付き分譲型』『42円物件』の入手方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です