名古屋での太陽光発電設置費用相場は?

By | 2014/09/21

名古屋の太陽光発電メーカーの紹介と補助金について解説しています。

名古屋にも様々な太陽光発電システムを手がけている業者があります。

名古屋の一般的は太陽光発電の設置費用は3.42kWで180万円程度となっています。

これは設置費用込みとなりますので実質の負担額ということです。

また多くの場合税込み表示となっていますのでこの金額のお支払いとなるのです。

5.7kWでは275万円となりますが、両者ともスレート屋根への設置です。

これが瓦屋根への設置ということになると金額はこの価格よりも高くなります。

これは瓦に穴を開けるわけにはいきませんので瓦をはぐ、そしてそこからの雨漏りを防ぐなどの対処をしなくてはいけないためです。

名古屋の設置業者では、太陽光発電メーカーとして三菱、パナソニック、カナディアン、京セラが多く採用されています。

また、太陽光発電システムの設置に関しては平成26年度は国からの補助金はなくなりました。

これは諸説言われてきましたが、太陽光発電システムの設置費用に下げ止まりが見られないこと、さらに今後もソーラーパネル等の下落が続くことなどから補助金の打ち切りに動いたという説が有力です。

名古屋市での太陽光発電システムの補助金は平成26年度で、1kWあたり25000円となっています。住宅用では4kWhが標準ですから、10万円の補助金を受けられるということです。

一般にどの自治体も補助金の予算というのが最初から決められています。

ですから、予算を超える補助金の応募があった時点で補助金の交付はストップということになります。

ですから早い者勝ちということになるので、できれば該当年度の早い内に補助金申請をするとよいでしょう。

名古屋などの都市圏でも太陽光発電システムの普及は進んでいます。国の補助金が打ち切られた中、今後は設置業者の割引が普及に大きく影響してきそうです。

【おすすめ記事】

1・『共通』『発電量シュミレーション』の危険

2・『共通』ヤマダ電機で太陽光発電の見積もり依頼したK氏の話

3・『共通』太陽光発電 見積もり時の『業界の裏話』

4・『共通』ソーラーパネル性能比較!主要10社

5・『共通』パワーコンディショナー性能価格比較!主要5社

6・『住宅用』太陽光発電のメリットとデメリット【2015年最新版】

7・『住宅用』【導入理由】【心配事】のリアルなアンケート結果まとめ。

8・『産業用』太陽光発電のメリットとデメリット【2015年最新版】

9・『産業用』2014年度売電価格32円!採算は取れるのか?

10・『産業用』メンテナンス費用は設備費用の1%はウソ!

11・『産業用』『土地付き分譲型』不動産投資で稼いでいる人に聞く『太陽光発電』

12・『土地付き分譲型』土地付き太陽光発電は投資目的に不向き?

13・『土地付き分譲型』『42円物件』の入手方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です