産総研は太陽光発電を中立で研究技術開発する機関

By | 2015/01/30
AIST産業技術総合研究所

AIST産業技術総合研究所は再生可能エネルギーに関する研究技術開発を行っている機関で、最先端技術や細心の研究結果を見る事が出来る。

産業技術総合研究所は、再生可能エネルギーの研究、太陽光発電や風力発電、バイオマス等の研究技術開発を行っている機関です。
AIST産業技術総合研究所

産総研が最近発表した研究結果で、大変興味深い記事が、ソーラーパネルが大変壊れやすいという研究結果です。

メーカーから出荷されるソーラーパネルの99%が1年以内メーカーが保証する発電量保証の値に達するという物。

太陽光発電製品を扱う我々にしては、大変な問題です。

当サイトでは産総研さんが発表した内容と対策を、メンテナンス費用の記事にて詳しく解説していますのでそちらもご覧ください。

産総研ではステンレス基板のモジュールを開発。グニャグニャ曲がるソーラーパネルです。

発電効率も15.9%と現行のモジュールと勝負出来る値までになっています。

この様な研究と技術開発のお陰で太陽光発電市場は更なる高みへ登る事が出来ている訳です。

何か最新の研究や発見があったかな?と確認する時は私は産総研さんのこのサイトを確認する様にしています。

【おすすめ記事】

1・『共通』『発電量シュミレーション』の危険

2・『共通』ヤマダ電機で太陽光発電の見積もり依頼したK氏の話

3・『共通』太陽光発電 見積もり時の『業界の裏話』

4・『共通』ソーラーパネル性能比較!主要10社

5・『共通』パワーコンディショナー性能価格比較!主要5社

6・『住宅用』太陽光発電のメリットとデメリット【2015年最新版】

7・『住宅用』【導入理由】【心配事】のリアルなアンケート結果まとめ。

8・『産業用』太陽光発電のメリットとデメリット【2015年最新版】

9・『産業用』2014年度売電価格32円!採算は取れるのか?

10・『産業用』メンテナンス費用は設備費用の1%はウソ!

11・『産業用』『土地付き分譲型』不動産投資で稼いでいる人に聞く『太陽光発電』

12・『土地付き分譲型』土地付き太陽光発電は投資目的に不向き?

13・『土地付き分譲型』『42円物件』の入手方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です