Monthly Archives: 5月 2015

NEC製蓄電池の評判や口コミ

NEC蓄電池は家庭用蓄電池市場において、シャープや東芝に劣っている感があります。

しかし、電気自動車向け電池のシェアは、約50%に達する蓄電池の性能において高いスペックを持っています。

NEC蓄電池は住宅向けに約150万円で販売されていますが、高額な事がネックでした。

この費用の面を、レンタルする事で利用者の負担を軽減し、導入者の増大を目指したものです。

現在はオリックス、NEC、エプコの3社で出資したONEエネルギーがレンタルサービスを展開しています。

サービス内容は、10年契約で各住宅へレンタルし、月額4,900円をユーザーが負担するというもの。

10年間は解約出来ませんので、実質60万円前後の負担になります。

10年後以降はONEエネルギーが撤去します。

このNEC製蓄電池が発売された2013年当時は蓄電池価格もかなり高額で、補助金を受けて購入するよりも低価格で蓄電池を導入するメリットがありました。

しかし、2015年現在では各社価格競争によって、蓄電池費用がかなり低価格になっており、「レンタル」するか「購入」するかを、悩むレベルにまでなっています。

このレンタルサービスは、毎月の利用料を支払う事で、初期費用の負担が軽くなるという一面もありますが、補助金を直接受ける事が出来ません。

NEC製蓄電池は5.53kWで、同規模の蓄電池であれば、2015年現在で、90万円〜100万円で購入出来、更に補助金を使用すれば、60万円前後で購入出来、レンタルするメリットは、故障した際のメンテナンス位にしかならなくなってきました。

もちろんNEC製蓄電池のレンタル蓄電池もメリットはたくさんありますので、同規模の他メーカーとキチンと比較して購入する事が、後悔無く蓄電池を導入する道になります。