Monthly Archives: 8月 2015

太陽光発電は2016年度以降も普及を続けるのか!?

太陽光発電は今後普及を続けるのか!?

2016年度以降普及太陽光発電太陽光発電は補助金制度などもあり、2012年度には100万件以上普及しています。国からの補助金制度が無くなった今後も普及し、日本の電力の中枢的な存在になって行くのかと言うことは、今後導入を検討されている方は心配かもしれません。

国からの補助金制度が無くなった事に関しては、太陽光発電の普及が浸透して来たことと安価での設置が可能になったと言う2つの点での事であり、決してマイナス要因での補助金制度終了ではないのです。

これからの太陽光発電の普及は需要と共に上がると言えます。

太陽光発電は今後も普及を続けるのか?

オール電化住宅太陽光発電太陽光発電が普及がこれから爆発的なものになるのかと言われるとそうではありません。しかしオール電化住宅、HEMS(電気の見える化)、蓄電池、IHヒーターやコンロ、床暖房などは、今後益々増加の一途をたどります。

これらの先進的なシステムの中核になる「太陽光発電システム」だけが普及が止まることは考えられません。

またハウスメーカーによる新築に取り付けるなどの取り組みも増えています。
また注文住宅などでも太陽光発電の推進をしているメーカーも多いので、「標準装備」と言う時代になりつつあります。

国の補助金のおかげもあり、かなり太陽光発電がメジャーなものになったのは事実です。
原発を懸念する声なども無くならないでしょう。
そういった事を考えると着実に太陽光発電と私達一般家庭と言うものが近づいていると言えます。

実際、売電を行える事で設置をした方などは20年以上の長いスパンで設置しています。

もう太陽光発電を取り入れている方などの話などを聞いて、エコ住宅などを建てる方や太陽光発電を取り入れる方なども多くいます。

そういった意味でもソーラーパネルが設置してある家がじわじわと増えてくるでしょう。

先人達が電気代もお得に環境にも優しい生活をしているのは事実です。

これから検討をしていく方はもっと安価での設備費用でエコな暮らしができるのだと思うとすごくお得な買い物になりますね。

そういった意味でも太陽光発電の普及は続いて行くでしょう。

売電価格が引き下げられても電力自由化によって変わることとは?

2016年度売電価格引き下げ「そうは言っても、売電価格は年々下がっているじゃないか」という声もあります。

年々引き下げが続いている売電単価の値下が心配で太陽光発電の設置に踏み出せない方も多いかもしれません。

心配な方に知っておいて欲しい事として、2016年には一般家庭でも電力自由化により規制緩和がされます。

そもそも2000年から段階的に進められていた「電気事業法」と言う法律の緩和なのですが、様々な緩和で新たに電気事業に参入した事業者や地域の電力会社などが電気を供給する事はもうすでに始まっています。

今では高圧に分類される契約は全て自由化されています。

自由化された部分の販売電力量は全体の6割を超えています。残りの4割は家庭用や個人商店向けなどの低圧として分類される契約です。

現在はまだこの部分について自由化がないので、家庭では電力会社が選べません。

しかし2016年を目処に家庭や個人商店向けにも電力の自由化が予定されています。

つまり、これによって日本の電力市場は全面自由化がほぼ確定になります。

そこで売電単価や価格の見直しなども出てくるでしょう。

家庭用だけではなく、サービス内容などで電力会社を選べる時代になるのです。

2016年の電力自由化はそういった意味で太陽光発電を検討している方の興味をより大きくする事に間違いありません。

電力自由化によって太陽光発電や蓄電池の需要は益々高まる!?

上述の通り、電力自由化に伴いメリットとしてサービス内容や電力会社を選べる事が出てくるでしょう。

しかし懸念されるのが、安く電力を供給しようとすると停電になりやすい状態が増える可能性があると言うことです。

そういった場合、今まで独占的に電力供給を行なっていた時とは違い、復旧に時間が掛かるでしょう。

その時、太陽光発電や蓄電池で自家発電ができる環境があれば困ることもありません。

また太陽光発電の売電に関しても影響はありません。

自分の契約する電気事業者を選択できる時代になるので、より値下合戦が激化する事を思うと、自分に合った電気事業者と太陽光発電や蓄電池を組み合わせることで最適なプランで電気を効率よく使うことが出来ます。

メリット・デメリットで見た時に、電力自由化の影響は太陽光発電や蓄電池の普及を上げることになると言えます。

従いまして、「どれだけ電力の選択肢を持つか」と言う事でもありますね。

これから始まる取り組みなので未知の部分も多いかもしれませんが、選択肢を多く持つと言う意味でも何の疑いもなく普及していくでしょう。

むしろ、太陽光発電の普及を誰が止めるというのでしょうか?

現在も普及を続ける、エコ住宅、蓄電、オール電化。

何十年も前に「三種の神器」と呼ばれ、テレビ、冷蔵庫、洗濯機が普及を始め、2016年現在標準的な家電となった様に、この太陽光発電も全国の住宅に標準的に設置されている世界は非常に魅力的ですし、誰にも止める事は出来ないと思われます。
メリットとデメリット

【おすすめ記事】

1・『共通』『発電量シュミレーション』の危険

2・『共通』ヤマダ電機で太陽光発電の見積もり依頼したK氏の話

3・『共通』太陽光発電 見積もり時の『業界の裏話』

4・『共通』ソーラーパネル性能比較!主要10社

5・『住宅用』【悲劇!!】太陽光発電に向かない残念な家『図解・写真付き』

6・『住宅用』太陽光発電のメリットとデメリット【2015年最新版】

7・『住宅用』【導入理由】【心配事】のリアルなアンケート結果まとめ。

8・『産業用』産業用太陽光発電のメリットとデメリット【2015年最新版】

9・『産業用』パワーコンディショナー性能価格比較!主要5社

10・『産業用』2014年度売電価格32円!採算は取れるのか?

11・『産業用』メンテナンス費用は設備費用の1%はウソ!

12・『土地付き分譲型』土地付き太陽光発電は投資目的に不向き?

13・『土地付き分譲型』『42円物件』の入手方法

住宅用太陽光発電システムの設置申請とは?

そもそも設置申請とは?

太陽光発電の設置申請とは主に、各地方自治体及び、都道府県によって補助金を出している場合、設置申請することで補助金を入手する事が出来る為の申請です。

太陽光発電補助金

こちらのJEPAサイトで申請書類等を確認する事が出来ます。
JPEA代行申請センター

冒頭で申し上げるのもなんですが、販売店さんに直接聞けば、手取り足取り教えてくれて、必要書類も揃えてくれるので、あまり気にされなくても良いジャンルなんですけどね。

※補助金の金額は各市町村によって異なりますし、中には補助金制度を設けていない市町村もあるので設置販売店によく確認してみましょう。

現在では世界中でエコが注目されていて、二酸化炭素を一切出さないことや、化石燃料を全く使用しないということで、太陽光発電はかなり注目されています。

だからこそ太陽光発電を導入するときに設置申請することで、補助金を出しているのです。

もちろんこちらから申請しないと補助金を受け取ることができなくなりますし、市町村だけではなく、都道府県や国でも設置申請を受け付けているので、事前にホームページで調べておき、わからないことは役場に聞いてみるのがよいでしょう。

簡単に太陽光発電の補助金を調べることができるサイトもあります。

設置申請手順

太陽光発電気付き住宅用太陽光発電の設置申請の方法は、まず役場に問い合わせて説明を受けるか、ホームページにある要項などのPDFファイルで確認しましょう。

特に重要なのは、申請の受付期間です。

例えば平成27年度の何月何日までと書かれている欄があるので、この期間内にいくら設備費補助金がもらえるのか、設備の種類は間違っていないかを確認しておきます。

インターネットを使える環境にある人は、同意書をダウンロードして記入しましょう。

記載例もしっかりと記されているので、間違いがないように注意します。

今度は同じように、様式第○○号などと書かれている申請書をダウンロードして記入するのですが、インターネットに繋ぐ環境がない人は、役場に行って受け付けに言えば書類を渡してくれます。

このような感じで複数の書類に必要事項を記入したら、役場に申請者として提出しますが、わからないことは必ず質問しておくことが大切です。

手続きがかなり面倒なのですが、補助金を支給してもらうための手間を惜しんではいません。

地方自治体で書類の確認をして、認められれば補助金が交付されます。

申請に必要な書類

住宅用太陽光発電の補助金を受け取るために必要な書類は、地方自治体によって少し異なる場合もあるのですが、大体一緒なので簡単に説明させていただきます。

同意書は必要な場合が多いですが、特に必要としない場合もあります。

様式第○○号と書かれた申請書は必ず必要になりますし、きちんとした形式の書類を市町村のホームページからダウンロードすることが可能です。

その他にも契約書の写し、住宅近辺の地図、設置予定箇所の写真と配置予定図、建築確認済証の写しなども必要ですが、建築確認済証は新築のみ、住宅周辺の地図も必要と言われる場合と、特に必要ないと言われる場合があります。

さらに住宅所有者の承諾書も必要な場合と不要な場合がありますが、住民票の写し、市税の納税証明書、施工業者や電力業者の同意書などは必要になる場合が殆どです。

必ず地方自治体に連絡することできちんと説明してもらえるので、事前にしっかりと聞いておきましょう。

書類に不備がある場合や、必要な書類が欠けている場合には、補助金が交付されない場合があります。

対象となる条件を確認しておく

太陽光発電を導入すれば、誰でも補助金を受け取れるというわけではありません。

地方自治体によって条件が定められているので、その条件を満たしている必要があります。

まずは補助金を受け取ることができる対象者を確認しておきましょう。

ただし申請をする市町村に住民票があれば可能な場合が殆ど可能なので、この条件に関しては、あまり気にする必要はありません。

次に対象設備の確認ですが、対象設備も市町村によって異なるものの、一般的な住宅用太陽光発電システムであれば、問題はないでしょう。

後は受付期間を確認しておけば大丈夫です。