Monthly Archives: 11月 2015

太陽光発電プロジェクトファイナンスとは?

太陽光発電プロジェクトファイナンス

太陽光発電のプロジェクトファイナンスとは?

太陽光発電でも、産業用太陽光発電やメガソーラーの様に、MWクラスの発電所を建設するためには、億単位の初期投資の必要があります。

いくら適した土地、発電システムを持っていても、資金がなければ売電事業は成立しないでしょう。

そこで強い味方になるのが金融機関の仕組みを利用して、資金を集める方法です。

固定価格買取制度を利用した、メガソーラービジネスは事業リスクが小さいこともあります。

金融スキームがそれによって動き出しています。ここではメガソーラー向けでもあるプロジェクトファイナンスについて解説していきたいと思います。

プロジェクトファイナンスとは?

通常、企業が借入をする時、企業全体の信用力を基本に借入審査が行われます。一般的には物的担保を取り、ローンは遡求権(リコース)付きで組まれます。

プロジェクトファイナンスの場合、ある特定の事業から上がる予想収益を基礎とし、借入が行われます。担保になっているのはその特定事業の資産全てであり、スポンサーからが追加の担保をとりません。

ローンはスポンサーに対して遡及をしないノンリコースローンになります。

プロジェクトファイナンスでは、金融機関は企業が行おうとする事業の将来予想により深く関わっていて、そのリスクを負担しています。

このリスク負担に対応してより高い収益を期待できると言うことになります。

このようなリスク負担を分散させる為に事業内容を開示して他の金融機関の参加をも飲めることが一般的なプロジェクトファイナンスです。

太陽光発電におけるプロジェクトファイナンスの事例

国内でのメガソーラー向けのプロジェクトファイナンスの先行的な事例として、大分の「日産グリーンエナジーファームイン大分」です。出力26.5MWのメガソーラーは総事業費約80億円にもなる事で、プロジェクトファイナンスでの資金調達を行いました。

既に海外でのメガソーラー事業のプロジェクトファイナンスを担ったみずほ銀行を幹事として、大分銀行、豊和銀行、福岡銀行と共にシンジケートを組むことになりました。

プロジェクトファイナンスによるメガソーラー事業は事業主体としてSPCを設立、出資企業がSPCに出資する形態が多くなります。

SPCはメガソーラー事業に限定した事業を行なう組織で、形態は株式会社など様々です。

SPCにすることで倒産リスクが隔離され、出資企業にまでいかないメリットがあります。

IRR(内部収益率)が15〜25%に!高まる意味とは?

一般的にみたプロジェクトファイナンスで、事業に必要な資金のうち、20〜30%をスポンサーが自己資金から出す事が多いです。残った部分をプロジェクトファイナンスにより借入金で補う事が多いです。スポンサーにとっては借入金の割合を増やす事で、自己資本の収益性が高くなります。

メガソーラー事業で話題に上がるのが、IRR(内部収益率)ですがIRRの中にはプロジェクトIRRとエクイティIRRがあります。

IRR8%と言う時には、プロジェクト全体の投資対効果を見るプロジェクトIRRを言います。

エクイティIRRは自己資本の投資効果を見るもので、借入金がない場合は、プロジェクトIRRと同じ意味になります。

プロジェクトファイナンスでは、事業資金の半分以上を借入金で補います。

これにより、エクイティIRRが高まります。

一般的にプロジェクトIRRが8%程度の場合、7〜8割を借入金で補えば、エクイティIRRは15〜25%まで高まります。

プロジェクトファイナンスで組めない場合も

スポンサーにとって、自己資金の割合が少なくプロジェクトファイナンスで事業資金を補う事でエクイティIRRが高まります。事実、プロジェクトファイナンスを扱う銀行には自己資金のないベンチャー企業などのメガソーラー事業での相談もあります。

しかし、金融機関にとってこういった企業は、メガソーラーの事業としての質が高くても、融資しない事があります。

その理由として、スポンサーが事業資金の20〜30%を負担する事で、銀行のリスクが軽減される事とスポンサーがある程度のリスクを負担することで事業の持続性が高まるという考え方があるからです。

他にもスポンサーが個人に近い場合なども組織力がない、事業を支える体制がない場合などは20年のプロジェクトファイナンスを組むことは出来ない場合もあります。

スポンサーサポート契約が必要

条件クリア後も、最終的な融資が実行されるまでには金融機関と一緒にリスクの特定、対策をする順序が必要になります。固定価格買取制度でのメガソーラー事業の場合、20年間の買取価格が決まっています。

売電収益が予想しやすい反面、長期間のリスクも考えなくてはいけません。

そこで必要なリスクを出し、それぞれのリスクに通じた当事者に負担をする調整を重要としています。

建設に関してはEPCサービスを設備管理には保守やメンテナンス企業と契約を結び、それぞれの責任の範囲を明確にする必要があります。

また、自然災害のリスクに関して保険会社との契約も必要になります。

プロジェクトファイナンスでは、金融機関の力がとても大きいです。

融資実行においても常にバンカビリティ(融資適格性)を問われます。

スポンサーサポート契約の厳しさとは?

SPCが健全に事業運営を行なう為に、必要な業務履行を銀行に約束することが多いです。誓約違反などで銀行に損害を与えた場合、スポンサーに損害賠償を求める事が内容に記載されている事もあります。

スポンサーは追加出資を求められるケースもあります。スポンサーがどれだけSPCをサポートするのかなどは、金利水準にも影響します。

以上の事から、プロジェクトファイナンスでメガソーラー事業を行なう為には相対的なリスクが少ない収益性の高いMWレベルの規模とスポンサー側の多額の自己資金や事業体制が強く求められることになります。

また、スポンサーサポート契約なども強いられ、契約違反などにも厳しい規定がありますので、追加自己資金の負担があることも視野に入れる必要があると言えますね。
メリットとデメリット

【おすすめ記事】

1・『共通』『発電量シュミレーション』の危険

2・『共通』ヤマダ電機で太陽光発電の見積もり依頼したK氏の話

3・『共通』太陽光発電 見積もり時の『業界の裏話』

4・『共通』ソーラーパネル性能比較!主要10社

5・『住宅用』【悲劇!!】太陽光発電に向かない残念な家『図解・写真付き』

6・『住宅用』太陽光発電のメリットとデメリット【2015年最新版】

7・『住宅用』【導入理由】【心配事】のリアルなアンケート結果まとめ。

8・『産業用』産業用太陽光発電のメリットとデメリット【2015年最新版】

9・『産業用』パワーコンディショナー性能価格比較!主要5社

10・『産業用』2014年度売電価格32円!採算は取れるのか?

11・『産業用』メンテナンス費用は設備費用の1%はウソ!

12・『土地付き分譲型』土地付き太陽光発電は投資目的に不向き?

13・『土地付き分譲型』『42円物件』の入手方法

法定耐用年数と実際の耐用年数の違いとは?

耐用年数

太陽光発電の法定耐用年数について

太陽光発電システムにはそれぞれ保証期間が異なります。

太陽光パネルは約20年とされ、パワーコンディショナなどの周辺機器では約10〜15年とされています。

その太陽光発電システムに関する保証期間とは別に設けられているのが法定耐用年数です。

では、太陽光発電システムはどれくらいの期間、その機能を維持するのか、また償却資産として耐用年数はどのくらいあるのかなどを紹介していきましょう。

 

太陽光発電システム自体の保証

太陽光発電システムに関する機器の保証期間はメーカーによっても様々ですが、上述のように長い期間が保証されている事が多いです。

機能評価テストでは、変換効率があまり落ちない実績を持つメーカーもあります。

しかし、5年以内で3割の太陽光パネルに故障が見つかるという事があるのも事実です。

その為には保証期間関係なく、販売店や施工店のメンテナンスをこまめに受け、故障などに対応できる様にするのが望ましいでしょう。

また、パワーコンディショナは早期の故障が見つかるケースもあり、より注意をして点検を行なうのが望ましいです。

こういった保証とは違ったものとして、法定耐用年数が存在します。

 

住宅用太陽光発電の法定耐用年数とは?

法定耐用年数とは、減価償却の対象となる資産の利用可能な年数の事をいいます。

主に一般家庭での耐用年数は17年とされています。

減価償却資産を滴定に費用配分する為の年数として考えてください。

なぜ、17年なのかという事ですが、太陽光発電は自家発電設備であり、機械や装置とされます。

この場合、自家発電は一般的には相当の規模を持ち、その使用可能期間が比較的長いことや、工業設備の法定耐用年数の算定の基礎に含まれない事から、各工業設備とは区別された耐用年数として17年が適用されています。

 

太陽光発電の償却資産と耐用年数

太陽光発電システムは償却資産の一つとして考えられます。

税率は1.4%になります。そして、評価額に基づいた税金を市町村に納める義務が発生します。

そこで出てくるのが法定耐用年数です。

これは固定資産税の納税期間でもあります。

住宅用太陽光発電(10kw未満)では17年、産業用太陽光発電(10kw以上)では9年が法定耐用年数にあたります。

できるだけ変換効率の高い太陽光発電システムで売電収入を上げる事で、導入費用を早く回収できると言うことになります。

しかし、固定資産税がその分高くなるというマイナス要素もあります。

 

実際の耐用年数と法定耐用年数の違いとは?

法定耐用年数は税法上、定めて算定した耐用年数であり、メーカーなどが決めた耐用年数とは異なります。

法定耐用年数は減価償却資産を意味しており、何年使用可能なのかという期間です。

保証とは全く違うものになります。

つまり、初期投資費用を17年で割った金額が売電収益による利益から免税される事になります。

法定耐用年数は長いほどメリットは大きいことになります。

また、産業用太陽光発電の場合は9年と半分以下になります。

住宅用か産業用かによっても法定耐用年数は変わってきます。

10kw以上の産業用太陽光発電で導入されている方は、法定耐用年数の違いを知っておく必要もありますね。

いかがでしたか?実際の耐用年数と法定耐用年数では、根本的な意味の違いがある事が分かって頂けたのではないでしょうか。

法定耐用年数はあくまで、税法上の耐用年数であって、皆さんが導入した太陽光発電システムを保証するメーカーのものとは別物だと言うことを理解しておきましょう。

また、長く太陽光発電システムを利用する為にも、メーカーの耐用年数を鵜呑みにせず、細かいメンテナンスを心がけて、うまく売電収益を上げるようにするといいですね。

 

太陽光発電は温暖化防止にどれほど効果があるのか?

太陽光発電温暖化防止

太陽光発電を導入するメリット一つにCO2削減があります。

CO2を削減することで地球温暖化を防止しようという大きな取り組みとして、太陽光発電は重要な存在である事は事実です。

では、実際に太陽光発電におけるCO2削減でどれほどの温暖化防止への効果があるのでしょうか?

太陽光発電はCO2をほとんど発生しない、地球に優しい再生可能エネルギーです。

今後太陽光発電の普及により温暖化防止にどれだけ貢献していくのか、これからの課題など考えていきましょう。

どれだけの普及でCO2削減での効果が出るのか

太陽光発電で、太陽光を直接電力に変える事は再生可能エネルギーとして、今最も浸透している技術と言えます。

太陽光発売が新しいエネルギーとして期待が大きいのは、火力発電の様に発電中にCO2などの温室効果ガスをほとんど出さないので、地球温暖化防止には効果的だと言えるでしょう。

太陽光発電の場合、1kwhあたりの温室効果ガス排出量を表す排出源単位の値は、火力を含め他の発電に比べても数十分の1足らずとなります。

また、燃料が必要ないので、その分の設備は不要です。

その為、燃料を投入する必要もなくなります。

国の研究などによる試算では、太陽光発電システムを導入し、約2年経過すれば、その後はCO2排出が無く、発電を行う事ができると言われています。

既に太陽光発電は多くの国で普及しており、実際のデータも充分に取得されていますが、その中で太陽光発電は、理想的なエネルギー源として活躍していけると認定されているという事になります。

国の計画では、積極的に太陽光発電を普及させていき、当初1990年比で2020年には25%温室効果ガスの削減を行いたいとしていましたが、残念ながらそこまでには届かないのが現実です。

実現するには新しい目標を立て、支援策などの改善も必要になってくるでしょう。

具体的にCO2削減効果はどのくらいあるのか?

JPEA(太陽光発電協会)に基づき解説させて頂きます。

太陽光パネルによってもCO2の削減効果は変わってきます。

従来の発電と比べて504.5g-CO2/1kwhの削減量が見込めると言うことです。

結晶シリコン型 45.5g-CO2/kwh
アモルファスシリコン型 28.6g-CO2/kwh
CIGS/CIS型 26.0g-CO2/kwh

 例として、50kwの産業用太陽光発電の年間発電量を55,000kwhとします。年間のCO2削減量はおよそ、27.7t-CO2/kwhになります。

また、この削減量を杉にしましょう。

1本あたりの年間CO2吸収量は14㎏程度ですので、杉の木約1980本分のCO2吸収量に当たります。

そう考えると温暖化防止に貢献出来ると言うのも、現実的に考えられるのではないでしょうか。

今後温暖化防止に貢献するためには?

始まったばかりとは言え、太陽光発電の普及率が高くなっているのは事実です。

実際の数値から見ても効果がある事が分かって頂けたかと思いますが、普及していると言うことは、それだけ廃棄物も将来的に増えると言うことになります。

リサイクルの問題や処理上の問題が20年30年後の課題となってくるでしょう。

これは、まだ先の話ではありますが、現実問題として把握しておかなければならない事とも言えるでしょう。

今の取り組みとしては、同じくCO2削減に効果的とされている蓄電池と一緒に発電を行なう事もCO2削減に効果があるとされています。

太陽光発電だけではなく、今注目の蓄電池との併用もCO2削減、温暖化防止に貢献する大きな一歩になるでしょう。

何よりもCO2削減を目的としているのですから、大きな廃棄物を出さず、再利用できるようなシステムを作って行く事も日本だけではなく、世界中で取り組まなければならない今後の課題になってくるでしょう。

 

「曇り」と「晴れ」の日の発電量を比較してみた。

曇りと晴れの発電量太陽光発電を導入するにあたって心配な事と言えば、「発電量は日によって変わるのではないか?」と言うことです。

もちろん、太陽光をエネルギー源としている以上、快晴の日と雨の日では発電量も大きく変わります。

とはいえ、快晴の時だけではなく、曇りの時の発電量もしっかり把握しておくことで快適で安心な太陽光発電生活が送れると言えます。

ここでは、曇りの日と晴れの日の発電量の違いを分かりやすく比較してみました。

晴れの日の発電量は?

晴れ発電量一概に「晴れているから発電量が多い」と言う訳ではありませんが、発電量が多いのは「快晴で日射量の多い日」で間違いありません。

しかし逆に、夏の暑い日には熱に弱い太陽光パネルで変換効率が悪くなる場合もあります。

3kwの太陽光発電システムを例に挙げてみます。

条件のいい晴れの日には12〜17kwhの発電が出来ます。

3kwとはいえ、あくまでも瞬間最大出力ですので、実際にパネルの変換効率や角度などによってこの数値の70〜80%の出力になると考えるといいでしょう。

様々な条件もありますが、平均1kwあたり、年間発電量は約1000kwが参考数値です。

3kwの太陽光発電システムでは、単純計算で3000kwの発電が予想されます。

曇りの日の発電量はどのくらい?

曇り発電量曇りの日の日射量は晴れの日よりも少なくなってしまうのが一般的です。

雲が厚いほど日射量は弱く太陽光も差し込まなくなります。

では、曇りの日の発電量は全く無くなってしまうのかと言うと、そういうわけではありません。

多くの太陽光発電を利用している方が心配をされるところです。

快晴の日の発電量が100%だとした場合、曇りの日の発電量は40〜60%程度まで落ちます。

雨の日になると10〜20%くらいになります。

従いまして、3kwのソーラーシステムの場合、晴れの日に15kwhだった場合、曇りの日は7kwh前後、雨の日は2kwh前後という事になります。

この数値は、太陽光発電システムの中でも多い「シリコン系太陽発電池」の場合です。

晴れの日、曇りの日、雨の日と種類は3種類ありますが、日射量の影響を受けやすく晴れの日と曇りの日と雨の日を比べると、発電量は1/3〜1/10くらいと大きな差が見られます。

また、日陰などになりやすい地域や地形の場合にも曇りの日と同じくらいの発電量になります。

注目したい太陽光電池CISとは?

CIS・CIGS系の太陽光電池太陽光発電が普及している中、影や曇りに強いとして注目をされているのが、CIS・CIGS系の太陽光電池です。非シリコン系・化合物系の太陽電池です。

一番の特徴は素材の入手が安価で出来るので、シリコン系の太陽電池よりも生産が安くできる事です。

CISの太陽電池は光吸収率が非常に高く、シリコン系太陽電池に比べても、1/100の厚さでも同等の光の吸収が可能なのです。

薄く出来る事で、電気を取り出す際の発熱を抑えられる事から、従来の太陽電池よりも熱に強いものとしても注目を浴びています。

何よりも大きな特徴は、太陽光にあてておくと変換効率が増加する効果が強く、パネルの1つでも影に入る、曇りに邪魔されれば、直列回路が途絶えるシリコン系の太陽電池とは違い、一部が太陽光に当っていれば、その部分の発電が行われるところです。

このことから、曇りの日であっても少しでも太陽光が当たるような日の場合、発電量はシリコン系のものよりも多く見込めることが分かります。

しかし、デメリットとして変換効率がシリコン系太陽電池(12〜16%)よりもCIS太陽電池(9〜14%)と少ない事が挙げられます。

曇の日に強いのはソーラーフロンティア

ソーラーフロンティアCIS太陽電池で有名なメーカーはソーラーフロンティアではないでしょうか。

変換効率だけで見るとCIS太陽電池はあまり発電しないという印象かもしれませんが、通常のパネルよりも費用は同じで大きなパネルを載せる事が出来ます。

ですので、発電量シュミレーションも大きく発電していますし、実際に発電しているお客様の話を聞いても、ソーラーフロンティアのお客様は特に発電量の多さに驚いているというのが、実際の現場の声です。

地域によって、曇りの日が何日、雨の日が何日、晴れの日が何日というデータを各施工販売店は揃えていますので、見積もり時には是非出してもらって、いろんな販売店の提案と共に比べてみる事をおすすめします。

中国メーカーへの実際の口コミや評判

中国製ソーラーパネル

中国製ソーラーメーカーは安い!

費用中国メーカーを検討されている方は今非常に多くなっています。

理由のひとつは価格が非常に安いという事が上げられます

また、中国の太陽光発電導入量は世界一で、2位の日本とも大きな差がありダントツです。

太陽光発電を投資と考えると、初期コストを削減するのはとても大切な要素と言えます。

では、中国製ソーラーメーカーに対して、実際はどんな評判や口コミがあるのか?メリットデメリットなどと一緒に紹介したいと思います。

中国製ソーラーメーカー主要6社の特徴

中国ソーラーメーカー主な中国ソーラーメーカー6社のメリットとデメリットを解説させて頂きたいと思います。

1・サンテックパワー
2・トリナソーラー
3・アップソーラー
4・インリーソーラー
5・カナディアン・ソーラー
6・伊藤組モテック

どこの会社も規模が大きく、様々な研究も重ねられている大手の会社です。

中には中国製といえども拠点は中国ではない国に置いている会社も多く、メリット・デメリットという面でも同じ中国メーカーでも多種多様になります。

中国製ソーラーメーカーのメリット・デメリット

1・サンテックパワー

【メリット】
発電効率は世界一と実力のあるパネルを作っています。価格が安く国内の10年以内保証に比べ、最長25年保証は長い期間なので安心です。

【デメリット】
2013年の子会社破産により、積極的に取り扱う業社が少なくなっています。危機回避と言う面もあると思いますが、慎重な設置の検討が必要かもしれません。

2・トリナソーラー

【メリット】
中国製ソーラーメーカーの中でも特に安いのがトリナソーラーです。モジュールや周辺機器の保証10年と世界基準の25年間出力保証があります。

【デメリット】
保証内容で単結晶シリコン系の場合と、多結晶シリコン系の場合で変わってくるので注意が必要だと言えます。

3・アップソーラー

【メリット】
品質期間は中国ではなく、フランスの大手品質管理機関と提携を行い、厳しい管理体制の基、変換効率など総合的なテストで評価を受けています。モジュール25年保証、工事や災害保証と10年の保証がついています。

【デメリット】
取り扱い自体が少なく、ネットでの購入も出来ないと言うことです。また多結晶シリコンパネルの場合、価格が安くならないので、注意が必要です。単結晶シリコンの方は高性能になって、多結晶シリコンよりも安くなるので、そちらを選ぶと安価になります。

4・インリーソーラー

【メリット】
ソーラーメーカーの中でも、供給量が非常に高い成長を見せる会社です。単結晶パンダシリーズは、製品保証10年、出力の保証が1年目で98%、10年で92%、25年で82%付いているのも特徴です。他との違いは1年目から出力の保証があることです。

【デメリット】
インリーソーラーを取り扱う施工店の数が少ない事、また価格帯が明確に公表されていないので、実際にどのくらいの金額になるのかという金額面での具体的計画が立てにくいところがあります。

5・カナディアン・ソーラー

【メリット】
カナダの積雪にも耐える事が、最も耐久性の強いパネルと言う特徴を持っています。その上価格も安いので産業用太陽光発電システムなどでの需要が高いです。

【デメリット】
国外の実験での評価であり、日本の風土に合ったものなのかと言う懸念材料が拭えないポイントになります。しかし、設置をしているところでは平均的に安定した発電量を維持しているのも確かです。

6・伊藤組モテック

(メリット)
10年90%、25年80%未満に低下した場合の保証がついています。モジュールが国産という安心感が強いですね。国内メーカーの多くは交渉最大出力の規格下限値を90%としている中、97%と高い設定にしています。

(デメリット)
それほど大きなデメリットが挙がっていないのが現状ですが、日本国内における実績があまりないからと言うのが本当のところです。もう少し日本での実績を見て導入を考えたい部分でもあります。

・中国製ソーラーメーカーの良かった口コミ

※とにかく安い。
※世界中のメガソーラーとして使用されているメーカーだからこそ信用出来る。
※単結晶、多結晶と自由に選べるのがいい。
※予算内に収まりやすい。
※パネルの性能が世界レベル。

実際に、世界で見ると供給が多いのは事実です。
実績と価格を見て導入を前向きに考える方も多いでしょう。

・中国製ソーラーメーカーの悪かった口コミ

※故障対応が有償だったり、知らん顔。
※購入を考えるも、日本での実績の少なさに不安になり国内のメーカーにした。
※生産量1位を取った何年か後に赤字になっているので長く使うものは経営状態が悪化されると心配。
※中国製という漠然とした不安。窓口が不透明など。

悪い口コミの中に下記のようなものもありました。
これはうちの会社でも同じ対応していますので一応掲載しておきます。

「私は以前住宅用で中国のソーラーパネルを設置しました。
とにかく安く済ませたかったから。
太陽光発電で電気が節約出来たり売電出来たりはしたいけど、そんなにお金はかけたくない。
性能も国内メーカーと大差無い。
しかし、施工店4社に相見積もり取ってびっくり。
中国メーカーをすすめする施工店が一社もなかったんです。
中でも「中国メーカーは取り扱っていません。」という理由に、「安かろう悪かろう」で、トラブルが多いとの事。
また別の施工店は「とにかく安さを求めるのだったら中国メーカーで良いと思いますが、10年のメーカー保証や無償交換対応は無いと思った方がいいです」とはっきり言われました。
私はそれでも中国メーカーのソーラーパネルを設置している人も多い事から4つの中でも一番安い会社に中国メーカーのソーラーパネル設置をお願いしました。
トラブルが起こったのは設置から3ヶ月後。
発電量が先月の半分位の値になって、天候の影響かと翌月まで様子を見ましたが、状況は悪化してきました。
設置した施工店に依頼したところ、その設置業者は無償で点検に来てくれたまでは良かったんですが、「恐らくパネルの初期不良が考えられます。メーカーに補償に応じてもらうようにしましょう。」という事で、そのメーカーへ連絡。
すると驚きの回答。「交換しますが、パネル代と工事費を負担して下さい」との事。
どう考えても設置3ヶ月は初期不良でメーカー負担でしょ?
私も販売店も無償交換要請するのですが、いっこうに動いてくれませんでした。
販売店と話した結果、「悪いのは向こうで間違いないですが、これでは時間と労力ばかりかかってしまい、解決の糸口が見えません。このままの状態にしておくか、国内メーカーを設置し直すか、撤去するか、この3択になると思います。」と言われました。
その販売店から、契約前に散々中国メーカーのトラブルを聞かされていただけに、今更何も言えません。
結局私達はお金もありませんので、この太陽光発電パネルを放置するしか方法はありませんでした。
なぜ国内メーカーが安心かという事を身を持って知りました。」

この口コミはあくまでも個人的な口コミです。

ですがこの様な方がいらっしゃる中、産業用太陽光発電であまりトラブルも無く国内メーカー同様に大きく発電しているお客様もたくさんいらっしゃいます。

住宅用でも運良く(?)トラブルが無く順調に発電している家もたくさんあります。

しかし、我々日本の販売店からすると、トラブルが多いという印象は強く、取り扱いはあるものの、国内メーカーを勧める販売店が多いのは揺るぎない事実です。

せっかく設置して頂いたソーラーパネルで不具合が起こっては、「設置店の責任もある」と思われるのが嫌だからです。

国内メーカー、中国メーカー、その他海外メーカーで悩んでいらっしゃる方は、国内メーカーに決める事をおすすめします。
メリットとデメリット

【おすすめ記事】

1・『共通』『発電量シュミレーション』の危険

2・『共通』ヤマダ電機で太陽光発電の見積もり依頼したK氏の話

3・『共通』太陽光発電 見積もり時の『業界の裏話』

4・『共通』ソーラーパネル性能比較!主要10社

5・『住宅用』【悲劇!!】太陽光発電に向かない残念な家『図解・写真付き』

6・『住宅用』太陽光発電のメリットとデメリット【2015年最新版】

7・『住宅用』【導入理由】【心配事】のリアルなアンケート結果まとめ。

8・『産業用』産業用太陽光発電のメリットとデメリット【2015年最新版】

9・『産業用』パワーコンディショナー性能価格比較!主要5社

10・『産業用』2014年度売電価格32円!採算は取れるのか?

11・『産業用』メンテナンス費用は設備費用の1%はウソ!

12・『土地付き分譲型』土地付き太陽光発電は投資目的に不向き?

13・『土地付き分譲型』『42円物件』の入手方法